コンタクト
コンタクト

工業仕様のビジョン・識別システム

コードの読み取りは以下の3つの段階で行われます:

  1. マーキングされた区域の照明
  2. コードの位置特定
  3. データの抽出            

→     しかしながら、この作業はいつでもこのようにシンプルなものでしょうか?

マーキングシステムと高性能なビジョンシステムを組み合わせることが、成功のためのキーとなります。

テクニフォーは、お客様の生産環境に組込み可能なソリューションを提案しています。

  • 2Dコード(DataMatrix、QR コード、バーコード等)用マーカー:レーザー、マイクロインパクトまたは罫書き方式
  • マーキングされたコードの読み取りおよびチェックのためのシステム: 固定式またはポータブル型読取装置
  • それぞれの用途に適した照明
  • さまざまなシステム間の即座の通信

工業用構成部品の識別とトレーサビリティのスペシャリストであるテクニフォーは、ワークのマーキングと、カメラによるマーキングのチェックのどちらも対応できます。

30年以上前から世界中で生産ラインへの装備を行っているテクニフォーは、トレーサビリティの要件および規格(AIM/DPM, ISO, IAQG, ATA Spec2000, MIL, SAE, AIAG, UID等)を満たすためにお客様のお手伝いを致します。

さまざまなビジョンソリューション

2D コードのすべての再読取システムは、情報を2次元で取得しなければならないため、カメラをベースとしたシステムとなっています。
用途に応じて、ポータブル型または設備組込型のシステムが必要になり、斜光または散光照明が優先され、また、マーキングされたコードのチェックが必要です。

テクニフォーは、お客様の生産に最適な装置を選定し、その据え付けのサポートを行います。是非、ご連絡ください。