コンタクト

医療分野のレーザーマーキング

テクニフォーの レーザーマーカー は、医療機器、プロテーゼ、その他の手術器具のレーザーマーキングに最適です。

   

UDI(Unique Device Identification)規格では、製造メーカーが製造した米国向けの医療用および外科用機器に自社でマーキングを行うよう促しています。

EUではMDR規格医療機器規制)に則り、製造メーカーがEU諸国に輸出する前に、すべての医療機器および手術器具を特定することを要求しています。  

   

テクニフォーは30年以上に亘り、トレーサビリティマーキングソリューションのエキスパートとしてUDIおよびMDRコンプライアンスに対応するお客様をサポートします。

医療装置のトレーサビリティ

医療装置
のトレーサビリティ

さらに詳しく見る
医療用プロテーゼの識別

医療用
プロテーゼの
識別

さらに詳しく見る
血清バンク保管容器のトレーサビリティ

血清バンク
保管容器
のトレーサビリティ

さらに詳しく見る

医療機器のマーキングは、多くの利点があり高く評価されているレーザーマーキングを用いることが多くあります。

医療機器のレーザーマーキングは、以下の条件が必須です:

  • 消えない
  • コントラストが強い

医療機器のトレーサビリティ要件を満たすための最も一般的な解決策はアニーリングです:このマーキング技術は、材料(チタン、ステンレス鋼など)を局所的に加熱することにあり、それによって非常に見やすく読みやすいマーキングを得ることができます。

  

アニーリングの利点は、それが非研磨性であることであり、エッチングは表面上で行われ、それは部品が変形しないことを意味し、従って細菌による汚染を回避します。  

テクニフォーのレーザーマーカーを使用すれば、さまざまな医療器具にマーキングが可能です。そのため、UDIやMDR規格など、さまざまな市場の用途や要件を満たすことができます。

レーザーマーキングのアプリケーション:

  • 手術器具
    手術器具の材質が金属製かプラスチック製かにかかわらず、現行の識別要件(UDIまたはMDR「医療機器規制」)を満たさなければなりません。
手術器具のレーザーマーキング
  • 人工骨プロテーゼ
    人工骨プロテーゼは、人体の骨の代わりとして使用されますので、高耐性が必須です。最も一般的に使用されている材料は、金属セラミック、または高架橋ポリエチレンです。
人工骨のレーザーマーキング
  • 歯科インプラント 
    歯科用インプラントに使われる材料はいくつかありますが、最もよく使われるのはジルコンまたはチタンです。
歯科人工装具のレーザーマーキング
  • 補聴器
    聴覚インプラントの材質は、ほとんどがアクリル製です。 この材料は、テクニフォーのレーザーマーカーで簡単にマーキングできます。
補聴器のレーザーマーキング

ニーズに最適なソリューション:

個別または複数のマーキングであっても、お客様のニーズに最適なソリューションをご提案いたします。テクニフォーはレーザーマーカーだけでなく、幅広いアクセサリやオプションがそろっていますので、UDI、MDR、その他の医療用トレーサビリティマーキングを最適化することができます:

  • 複雑な形状の部品に均一なマーキングをする必要がありますか? 医療機器の形状に関係なく、均一で高品質のマーキングを行うためには、3D モジュールが最適です。
  • Datamatrixコードを高速で読み取る必要がありますか?Vision Manager を使用すると、医療機器に付けられているマーキングを即座に読み取り照合が可能です。
  • 円筒形部材にマーキングを行いますか?その場合にはテクニフォーの回転軸をご使用ください。3種の異なるサイズの回転軸から、最適なものをお選びいただけます。

   

当社の全レーザーマーカーは、生産ラインに統合することも、マーキングステーションで利用することもできます。