コンタクト

血清バンク保管容器のトレーサビリティ

固有識別マーキング
体液保管コンテナーへの固有識別マーキング
統合されたビジョンシステムによるファイバーレーザーマシン
PLCにリンクする統合されたビジョンシステムによるファイバーレーザーマシン
医療用パーツへのレーザーマーキングシステム
医療用パーツへのレーザーマーキングシステム:データマトリックスコードによるトレーサビリティ
体液保管コンテナーへの固有識別マーキング

クライアントニーズ

血清バンク保管容器の識別とトレーサビリティ

  • 部品に既に付けられているバーコードタグの読み取り
  • コードの読み取り、ならびに、重複があった場合には部品の自動排出
  • 血清バンクの48個の各井戸型保管容器に個体識別情報のマーキング
  • 英数字10 個(OCR で再読み取り可能なフォント)+  DataMatrix™ コード
  • サイクルの検証とトレーサビリティ用データベースへの識別情報の記録前のマーキングのチェック

必要事項・条件

  1. 全サイクル時間:1分
  2. 非適合部品のリスクゼロ:100% の再読み取り率
  3. 狭いマーキング面積:井戸型保管容器の直径 = 8.5mm
  4. クリーンルーム環境内に設置されるワークステーション

弊社のご提案

マーキング: テクニフォーのファイバーレーザーマシン 
読み取り : カメラCognex Insight + 環状赤色  LED 照明
ソフトウェア : 制御用コントローラとリンクした テクニフォーのソフトウェア

クライアントメリット

複雑な製品向け自動識別ソリューションの分析および実現のために「カスタマイズマシン」の能力のすべてが注入されました。

  • マトリクスマーキングされる製品の位置決めのための機械的ガイドの精度
  • 極めて狭い面積上にマーキングされた識別情報の再読み取りとチェックのためのビジョンツールの選択と調整の完璧な管理
  • 情報伝達およびデータの自動収集の経路への情報機器の適応化

ニュースレター配信希望

血清バンク保管容器のトレーサビリティ

*必須項目