コンタクト
marquage laser de code datamatrix

DataMatrix コードのマーキングのためには、どのテクノロジーを選択すべきか?

それぞれの生産は独自のものであり、マーキングテクノロジーの選択にあたっては個別に注意が必要です。お客様の 2D コーディングを成功させるためには、最良のソリューションを決定することが重要です。

識別とトレーサビリティのスペシャリストであるテクニフォーは、あらゆる用途を通じて比類のないノウハウを蓄積しており、テクニフォーのマシンは、多くの納入業者および製造業者に採用していただいております。
テクニフォーは、マイクロインパクト式、罫書き式またはレーザー式マーキングの選択において、お客様の選択のお手伝いを致します。

お客様の部品の種類、プロセス、ご予算に応じて、多くのダイレクトマーキングテクノロジーの可能性が存在します。

マイクロインパクト式マーキングによるデータマトリックスコード レーザーマーキングによるデータマトリックスコード

マイクロインパクト式および罫書き式マーキング

レーザー式マーキング

費用効率と効果

高速性と優れたマーキング品質

  • カーバイド製の先端により、寿命の長いコンスタントなマーキングが行われます。
  • このマーキング方法は、そのコスト、ならびに、その使いやすさから、ダイレクトパーツマーキング(DMP)の優先的テクノロジーのひとつとなっています。
  • テクニフォーのマシンは、硬さ HRC 62 までのあらゆる材料上に短時間で高品質なDataMatrix™ マーキングを実現できます。
  • 一回のマーキングサイクルだけで、DataMatrix コードと英数字を同時にマーキングできます。
  • 様々な部品の表面へのマーキングが可能なため、お客様の用途に最大限対応できます。
  • ポータブル型マシンに内蔵されるマイクロインパクト方式によって、生産現場でのマーキング作業の移動が可能になります。

テクニフォーの沈み彫り技法は、部品に損傷を与えず、部品の完全性を害することはありません。
120°、90° および  60° の角度の多様な先端は、マーキングの解読性を高めるように特別に適応化されています。

  • レーザービームによって、非常に高い品質の 2D コードを高速に描くことができます。大量生産に適しています。
  • 解像度が高いため、非常に小さいサイズのコードのマーキングも行うことができます。
  • 多くのプラスチックおよび金属上の高いコントラストは、容易な再読み取りを保証します。
  • レーザー技法は、生産力にフレキシビリティをもたらします。すなわち、非接触式技法、ワークとマシンとの間の距離の制約が少なさ、ワークの表面状態に応じて調節可能なパラメータ、高度な自動化です。
  • オペレーティングコストの安さ:インクジェットや電気化学的マーキングのような他のコーディング技法と比較して、メンテナンスは少なく、消耗品は不要です。

テクニフォーのレーザーシステムはコンパクトであり、お客様の製造ラインへの組込みに最適です。
工業用途のために設計されていますので、据え付けの時間とコストを削減できるように、これらのシステムの導入は最大限に簡易化されています。

テクニフォーには、DataMatrix コードのダイレクトマーキングにおける、幅広いテクノロジーおよび構成の選択肢を提案できるという長所があります。テクニフォーの専門知識は、お客様のニーズに合ったソリューション決定のお手伝いができます。

お客様のニーズに合った DataMatrix ソリューションをお手伝いいたします。 是非テクニフォーにご連絡ください。