コンタクト
Marquage direct de pièces DPM code et numéros

ダイレクトパーツマーキング - DPM

ダイレクトパーツマーキング(DPM)とは、構成部品のライフサイクル全体を通じて完全なトレーサビリティを提供するために、部品の表面に直接半永久的テキストやDataMatrix™ コードのような機械で読取可能な記号をマーキングするプロセスです。

DPM (ダイレクトパーツマーキング)の利点

ラベル印刷のような方法とは異なり、ダイレクトマーキングは多くの利点があります:

DPM はどこで使われていますか?

多くの産業では、DPM(ダイレクトパーツマーキング)による識別を用いて部品の追跡管理を実施しています。

製品組み立ての各段階での2D DataMatrix コードのマーキングより、その製品の全寿命期間を通じて、トレーサビリティを確保することができます。

構成部品のマーキング → サブアッセンブリの識別 → 最終アッセンブリのマーキング→ 完成品の識別 → メンテナンスでのマーキング→
部品の識別 サブセットの識別 最終組み付け後の識別 完成品の識別 メンテナンスのためのDPMマーキング

さまざまな DPMマーキング技法

テクニフォーは、最も生産性が高く、最も費用効率の高いダイレクトパーツマーキング技法を提供しています。自動再読み取り機能と組み合わせることにより、お客様には、部品の識別が可能となり、完全なトレーサビリティのソリューションを手に入れることができます。

空圧式マイクロインパクト方式 電磁式マイクロインパクト方式 罫書き方式 レーザー方式:ファイバー、ハイブリッド、グリーン、CO2  2D コード読取機能
空圧式マイクロインパクト方式DPMマーキング 電磁式マイクロインパクト方式DPMマーキング 罫書き式DPMマーキング ファイバーレーザーによるDPMマーキング データマトリックスコードの読み取り
ご要望のマーキングについて、テクニフォーにご相談ください。