コンタクト
製品の識別

構成部品および製品の識別

各企業は、その製品の製造全体を通し、これらの製品の識別を行わなければなりません。

また各企業は、非常に多くの場合に、製品の製造全体に渡り、監視および測定の要求事項に対する製品の適合性および状態の識別も行わなければなりません。

トレーサビリティが要求されている場合には、製造業者は製品の個体識別を徹底し、生産段階の履歴を管理しなければなりません。

メタルパーツの識別 部品と型式の識別

識別とは何か?

なぜ製品の識別を行うのか?

識別とは、部品に下記のようなデータをマーキングすることです:

  • 製造業者の名称とロゴ
  • 部品番号
  • シリアルナンバー
  • 製造日
  • 場所
  • カウンタ
  • チーム
  • DataMatrix コード等
  • 顧客が部品およびその型式を識別できるようにする。
  • 偽造を防止する。
  • 規格(例えば、原産国の規格)を順守する。
  • 商標のプロモーションを行う。

テクニフォーの識別ソリューション

テクニフォーは、標準のマシンであらゆるご要望に個別に対応するために極めて多様なテクノロジーおよびソリューションを提案しています。

ライン外のワークショップ用マシン ポータブル型マシン ライン組込型マシン
  ライン外のワークショップ用マシン ポータブル型マシン 生産ラインへのマシンの組み込み
マイクロインパクト方式、罫書き方式、レーザー方式(ファイバー、YAG、グリーン、CO2) マイクロインパクト方式 マイクロインパクト方式、罫書き方式、レーザー方式(ファイバー、YAG、グリーン、CO2)

お客様が希望されるマーキングの種類、お客様の生産条件および環境へのマーキングステーションの組込み上の制約事項に応じて、テクニフォーは、お客様のご予算を考慮しつつ、ベストソリューションを提案することができます。

最寄りのアドバイザーにご連絡ください。