コンタクト
コンタクト
工業用部品のトレーサビリティ

工業用部品のトレーサビリティ

トレーサビリティは、ある種の保険です。これにより、リコールキャンペーンの費用が大きく削減でき、生産プロセスを改善することができます。

トレーサビリティの概念は、常にテクニフォーのノウハウの一部となってきました。ほぼすべての市場において重要視されており、今日、製品のマーキングはこれまでになく重要なものとなっています。

マーキングの半永久性と機器の信頼性を理由としてテクニフォーのシステムを選択していただいた自動車産業や航空産業に牽引されて、現在、生産のトレーサビリティを導入するために多くの製造業者に、テクニフォーのシステムをご利用いただいています。

このようなトレーサビリティの導入は、今日の工業にとって最も緊急な課題のひとつです。

トレーサビリティ

このプロセスによって、個体識別(UID)をデータベースとリンクさせて、製品やアッセンブリのライフサイクル全体にわたってその追跡管理を行うことができます。

Traceability cycle

何を、いつ、どこで?

2D コード

再読み取り

データベース

これらは、お客様の製品について必要不可欠で極めて重要なポイントです。 2D DataMatrix™ コードを使用することにより、構成部品の誕生時から、これを個別化し、個体識別することができます。 設置されたカメラを使用することによって、構成部品の存在を検出し、通知することができます。マーキングされたコードをチェックすることによって、欠陥部品を排除したり、逸脱を通知したり、メンテナンスを計画したりすることができます。 データベースとのリンクによって、すべてのデータの記録を保管し、その後、これらのデータを同時にライン内およびライン外で処理してお客様の製造プロセスを改善することができます。
トレーサビリティのプロセス
品質保証システムの要求事項 テクニフォー: 工業用部品のトレーサビリティソリューションの納入業者

製造業者は、その製品の個体識別を徹底管理し、履歴を保管する必要があります。

トレーサビリティの定義(NF EN ISO 9000):

定義は、«考慮の対象となっているもの(製品、プロセスまたはシステム)の履歴、適用又は所在を追跡できること» であり、以下のような追加表記があります。「製品の検査時には、トレーサビリティは、次のようなものに関連することがある。材料および部品の出所、その製造、配送および所在の履歴」。

 

トレーサビリティのさまざまな面に熟練しているため、ソリューションの設計時点から、お客様の関心事項を考慮し提案することができます。

  • マーキングからその自動再読み取りに至るまでの完全なソリューション
  • あらゆるニーズに正確に対応するための極めて多様な半永久的マーキングテクノロジー
  • すべてのトレーサビリティ機能を内蔵:テクニフォーは、制御用ソフトウェアを開発し、多くの応用経験によってこれらのソフトウェアを改良しています。
   
DPM(ダイレクトパーツマーキング)とは何か?ここをクリックしてください。 DataMatrix ™ コードのマーキング:ここをクリックしてください。
お客様のトレーサビリティプロジェクトについて、テクニフォーにご相談ください。